日本大使館にて山田公使他面会 2012-2-2 16:06:47
日本大使館にて山田公使他面会  

2012年2月1日、日本大使館広報文化センターにおいて、山田公使、大塚様、早乙女様と
日中国交正常化40周年における大規模イベントについての情報交換の為面会をいたしました。
北京和僑会からは、本多会長と事務局を代表し益子が出席しました。
この中でまず山田公使より、昨年11月に事務局益子(と高山理事)も出席し開かれた非公式な
夕食会において出たアイデアを基に、本年に入り日本人会や中国日本商会、BJSAなどと共に
「40周年記念行事推進委員会(以下、委員会)」を設立し、すでにその会合が2回開催されている事、
またその会合において9月を軸に万人単位の大規模イベントを委員会をはじめとする北京の日本人
コミュニティが主体となって構築することが確認されている旨ご説明を頂きました。
続いて本多会長より、昨年11月の非公式夕食会を受けて理事会を開催し、その中から元は
「北京和僑会の二周年記念として何かイベントを」と考えていたが、こうした日本人コミュニティ全体
の活動として一体となって何かイベントがあるのなら、北京和僑会としてもそれに賛同して一緒に
活動をしたい。一方でBJSAも6月にイベントを開催する予定があり、北京和僑会に対してもBJSA
村松会長からも協力要請がきているので、こちらも一緒になって行なってみたい旨山田公使側に
お伝えしました。
山田公使からは、日本大使館としてはBJSAが今年もイベントを行いたいという話は聞いているが、具体的
な日時までは聞いておらず、情報交換が出来て大変良かったとのお話を頂き、また委員会が9月に予定
しているイベントの第三回会合が2日午前に行われるので、その場で北京和僑会案がブリーフィング
されていれば、山田公使より本日の意見交換の様子を委員会側に伝えて頂き、今後一緒に活動を
していける環境づくりをして頂ける旨取り計らいを頂きました。
そもそも委員会が設置され会合が重ねられているのは、 これまでの記念行事のように大使館が主導
となり、東京と北京で構成される 「実行委員会」が大きなイベント制作会社(例えば電通など)に
資金を投下して大規模なイベントを構築する方法から脱却し、地元にいる日本人コニュニティが様々な
案を持ち寄り検討し、その中から選りすぐりの案を作り込むためであるとの ご説明がありました。
さらにそうした流れを作る背景として、「実行委員会」の作るイベントは大きく華々しいが、
一発打ち上げたらそれで終わってしまう。
そうではなく、今後も 本年ほど規模は大きくないかもしれないが、毎年地元にいる日本人コミュニティで
イベントを作っていける環境を整えたいとの想いを山田公使が語られた事が始まりで、そこに是非
北京和僑会も一緒に乗っかって一緒にイベントを構築して欲しいとの山田公使の想いもあり今回の
面会となりました。
北京和僑会としては、本年は6月と9月にイベントを共催(あるいは後援)という形で開催し、
これまでなかなか作ってこれなかった他の日本人コミュニティとのコミュニケーションを構築して行く
きっかけとする予定です。

【追伸】2月2日、山田公使よりご連絡を頂戴し、9月に開催されるイベントの名称が「日中交流夏祭り」
となり、朝陽公園での開催を目指し準備していく事となったこと、さらに北京和僑会も準備に加わるべく
次回3月1日開催の推進委員会から参加させて頂く事になったとのご連絡を頂戴しました。
北京和僑会事務局としましても、本年のイベントが北京和僑会会員の皆様にとっても有意義なイベントに
なりますよう他の日本人コミュニティの皆様と力をあわせて頑張ってまいりたいと考えております。
今後の動きにつきましては、適宜HP上でも公開しご連絡してまいります。  

日中ハイテク産業項目交流商談会
ねんど大介さん 日本人学校訪問
外務報道官横井裕氏と面会
(公社)日本ニュービジネス協議会連合会
京浜・多摩和僑会 牟田口会長
生命の蒼い星
中産連と北京和僑会が交流
灘の酒フェアin北京2012
【活力*日本】 展示会
日本大使館にて山田公使他面会
北京和僑会事務局 TEL: (8610) 8575-4546 E-mail: info@bjwakyo.cn
Copyright © 2010 北京和僑会, All rights reserved.京ICP备09111429号