「北京の和僑」第13回 2012-1-29 10:48:22

拡盟投資顧問(北京)有限公司 総経理  服部 貴行

毎月第一木曜日に開催される「一木会」で『投資プレゼン大
会』企画を取仕切るのが 「BAR ICHIKURA」や
「KURAKURA」など一藏グループでおなじみの服部さんだ。
昨年12月、海外在住の日本人として、また北京和僑会の
理事として日々自分にできることは何かと考え続けた結果、
たどり着いたのが「投資プレゼン大会」の開催だった。
北京で事業を起こし永続的に発展させるにはコネクション、
お金、経験など多方面に渡る知識を持つ必要がある。
北京和僑会が発足し、各分野でご活躍の先輩方の力を
合わせれば、これから北京で勝負する方々にいろいろな
サポートができるはず。 そしてこの「投資プレゼン大会」から
新しい事業が生まれ発展していけば、華僑のような海外
在住の日本人によるより強い繋がりと結束が生まれ、
強固な和僑になって行く事ができると考えたのだ。
 
「北京の和僑」第13回

「単なる情報交換の場のみならず、先輩から後輩へ、そして経験者から未経験者へ、経験者同士の励み
合いが出来る場を提供したい」 そう力強く話した結果、他の理事も賛同し「一木会」は前半をこれまで通り
夜の会に出席できない会員の情報交換の場として、 後半を「投資プレゼン大会」の準備の場として行われ
る事となった。 もちろん和僑会が主催するイベント、単なる投資プレゼン大会とはひと味違う。
「一木会」では挑戦者のアイデアを伺い、投資者がそれぞれの目線から修正点や違う角度での物の見方
を教える「たまごの会」を実施。 百戦錬磨の投資者から定期的にこうしたアドバイスを受けられるのも、
大きな特徴だ。 そしてこの「たまごの会」で修正に修正を重ねた挑戦者が、3ヶ月に一度設定する
「ひよこの会(投資プレゼン大会・本大会)」に 出場し投資者から投資可否の判断を仰ぐ事ができる
のです。 「投資にはリスクがあります。だからこそ、最初から最後まで挑戦者と一緒にやり通すのです。」
たまごの会でのアドバイスには、挑戦者の本気度バロメーターを図りたい投資者側の意図もあるようだ。
「僕自身いろいろな方々のお力を借りての今があります。ジャピオン会報誌をご覧のあなたもご自身の
『夢』を叶える一歩を、 この『投資プレゼン大会』大会で始めてみませんか?」と語る服部さん。
投資したい側と、投資してもらいたい側の本気のぶつかり合いが売りの「一木会・投資プレゼン大会」。
和僑会会員以外でも応募は可能ですので、興味のある方は服部さんや北京和僑会事務局まで
お問い合わせ下さい。

「北京の和僑」第19回
「北京の和僑」第18回
「北京の和僑」第17回
「北京の和僑」第16回
「北京の和僑」第15回
「北京の和僑」第14回
「北京の和僑」第13回
「北京の和僑」第12回
「北京の和僑」第11回
「北京の和僑」第10回
北京和僑会事務局 TEL: (8610) 8575-4546 E-mail: info@bjwakyo.cn
Copyright © 2010 北京和僑会, All rights reserved.京ICP备09111429号