「北京の和僑」第10回 2012-1-29 9:56:02

 

有限会社バンベン 代表取締役  坂本 毅

「オルドスの砂漠化で一番被害を被るのは、実は北京なん
ですよ」と真面目な顔で語る坂本さん。
「社会貢献型ソーシャルビジネス」を展開する坂本さん。
事業を始めるきっかけは青年海外協力隊隊員として3年間
日本語教師として赴任し「第二のふるさと」と 公言するオルド
スの人々が、砂漠化で生活区域を追いやられ土地を捨てる
のを見たことだったと言います。 なんとか砂漠化を防ぐ方法
は無いかと思案した末「内モンゴルの特産品である塩や重曹
などの販売を通じ、 砂漠化を防ぐ砂防林の苗を購入し植える
資金を生み出す」という仕組みを考案したのでした。自分が
欲しい商品を購入する事で、同時にオルドスの砂漠化を防ぐ
ボランティアに間接的に参加している事になるこの素晴らしい
アイデアは「オルドスの風プロジェクト」と名づけられ2004年
から取り組んでいます。
 
「北京の和僑」第10回

現在では塩や重曹の他にクエン酸や麦飯石、NS乳酸菌など内モンゴルの恵みを存分に活かした独自
商品を次々に 開発し日本国内で販売する傍ら、砂漠緑化・国際協力・ソーシャルビジネスなどをテーマ
にした講演活動で全国を飛び回っている毎日だと言います。
「ボランティアでは、いつかは息が切れてしまう。消費者・オルドスの人々・事業者の三方全てが笑顔に
なるためには、 ビジネスとして成り立たせなくてはなりません。それがソーシャルビジネスの根本的な考え
方です。」と坂本さんは力説します。 これからの目標は、という問いかけに「北京和僑会を通じて北京の
日本人の方々にまずオルドスの砂漠化の現状を知ってもらい、 植林や砂漠緑化支援商品の購入を通じ
て協力して頂きたい。そしてその動きを北京全体、ひいては中国全土に広めていきたい」と話す坂本さん。
あなたも今すぐできる身近な社会貢献に参加してみませんか。

「北京の和僑」第19回
「北京の和僑」第18回
「北京の和僑」第17回
「北京の和僑」第16回
「北京の和僑」第15回
「北京の和僑」第14回
「北京の和僑」第13回
「北京の和僑」第12回
「北京の和僑」第11回
「北京の和僑」第10回
北京和僑会事務局 TEL: (8610) 8575-4546 E-mail: info@bjwakyo.cn
Copyright © 2010 北京和僑会, All rights reserved.京ICP备09111429号